組織ラジオ

二刀流のススメ:委員会活動による管理部門経験の効果|組織ラジオ#155

委員会活動に本気で取り組んでいる会社の社員の皆さんには、共通点があります。柔軟で対応力があり、そして意欲的です。従って、委員会活動はオススメなのですが、特に管理部門の仕事を委員会活動にすることは大きな意味を持ちます。ぜひお聴きください。
二刀流管理部門経験経営の疑似体験小集団活動委員会活動
組織ラジオ

リーダーの自己開示の重要性|組織ラジオ#154

新しい職場で「今野さんはこの間はOKと言っていたのに、今日はNGと言う。どっちなんですか?」と発言のブレを指摘されました。こういう現象を「ダブルバインド」言います。ダブルバインドの話から、いつものように色々な話題に展開していきました。
ダブルバインド二重束縛朝令暮改発言の一貫性
組織ラジオ

対上司リーダーシップの重要性|組織ラジオ#153

8月から某社の取締役に就任しました。社外取締役ではなく、「中の人」です。25年ぶりに「エンプロイアビリティ」の重要性と「対上司リーダーシップの」難しさを実感しています。25年コンサル会社を経営してきたので十分分かっていたつもりなんですけどね。
エンプロイアビリティ対上司リーダーシップ
組織ラジオ

定期メンテナンスで予兆を見逃すな!_健康・経営・組織|組織ラジオ#152

普段から健康に気を遣ってはいるつもりなのですが、自分が気が付かないうちに進んでいる病気というものもありますから、定期点検とメンテナンスがとても重要ですよね。組織においても同様ではないかと語り合いました。予兆を見逃さず早期発見、早期治療が大切です。
早期治療定期メンテナンス予兆を見逃さないで早期発見
組織ラジオ

行動に正直な言葉と言葉に誠実な行動=広報の神髄は組織の神髄|組織ラジオ#151

前職の同僚であり友人の高場正能さんが「プロフェッショナル広報の仕事術~経営者の想いと覚悟を引き出す」という本を出版されました。今回は、この本の感想から話が始まりました。さて、広報の話が組織の話しにどう展開していくのか。ぜひお聴きください。
経営広報透明性とガバナンスを担保する行動に言葉を合わせるのが「正直」言葉に行動を合わせるのが「誠実」企業にとって「正直」とは透明性であり、「誠実」とはガバナンスである
組織ラジオ

終戦記念日に読む名著「失敗の本質」|組織ラジオ#150

収録予定日が8月15日の終戦記念日だったことから、日本軍の敗戦の原因を分析した名著「失敗の本質」が今回のテーマです。日本軍の反省の理由には現代の企業組織の在り方にもたくさんの学びがありますね。サムネイルには語り切れなかった二つのエピソードも。
失敗の本質日本軍に学ぶ組織論
組織ラジオ

上の立場に立つ人ほど「自分はまだまだだ」と考えることの大切さ|組織ラジオ#149

今野にとって「エグゼクティブコーチング」も仕事の柱のひとつです。現幹部と、幹部候補の方とでは、コーチングでされる会話に当然違いがあります。そんな話から、経営幹部の要件やあるべき姿などに展開していきました。自戒の念を込めて収録しました。
経営者の条件エグゼクティブコーチング経営幹部の条件ピーター・ドラッカー
組織ラジオ

図解力がグランドデザインを生む|組織ラジオ#148

25年間取り組んできた組織変革コンサルの仕事にとって「図解するスキル」はとても重要でした。数十ページに及ぶ課題のレポートをA3一枚に図解すると、不思議や不思議、色々なものが見えて来ます。最後に出てきたキーワードは「グランドデザイン」です。
図解力俯瞰力グランドデザイン組織の課題の一枚に図解する
組織ラジオ

アメーバ組織はフリージャズ=一人ひとりが真のプロ|組織ラジオ#147

NHKの「最後の講義」に登場したジャズピアニストの山下洋輔氏。母校の国立音楽大学の後輩たちと、即興のフリージャズセッションを展開します。「音楽している~、と感じました」と感動している学生たちの様子が印象的でした。ジャズ型組織の話に展開しました。
ジャズ型組織アメーバ経営フリージャズ山下洋輔
組織ラジオ

【実例】理想のタックマンモデル(経営チームのチームビルディング)|組織ラジオ#146

高野慎一が創業初期から関わっている、(株)ツクルバの共同創業者のある決断の話しから、「経営チームのチームビルディング」の話しになりました。チームビルディングといえば「タックマンモデル」。特に「混乱期」をどう乗り越えるかで命運が決まります。
チームビルディングタックマンモデル経営チーム
タイトルとURLをコピーしました